発達凸凹子育て楽しむ学ぶ家族会スノーキャンパス主宰&アクティブカラーセラピストAIのブログ(奈良橿原)

視覚支援、見通し、選択活動、絵カードから文字への移行など日々の暮らし支援を紹介。強いこだわりから興味関心を広げる玩具・遊びの情報発信。心理学の投影法に色を活用した自己診断アクティブ・カラーセラピスト。

おめめどうの4コマメモでルールを伝える

f:id:mierucom:20171213080005j:image

\行事@4コマメモ(株おめめどう)/

ルールを伝える時は、いつも4コマメモを使っています。

今日は、学校で心のつどいという保護者が参観できる行事がありました。

体育館は寒いので、座布団と膝掛け持参オーケーとのこと。

初めての持ち込みのため、ルールを伝えました。

ルールは「聞いてないよー!」とならないために、本人の解る方法で、事前に伝えるようにしています

・教室ではなく、体育館で使う
・舞台の上に持って上がらない
・使い方:待機中に座布団に座って、膝掛けにくるまる
・待機中に私の所へ来ない(私はちゃんと見てるから大丈夫だよ)
・終わったらママ→家へ帰る、息子→教室へ戻る

 

<当日の流れ>
朝、私の書いた4コマメモで、座布団と膝掛けの取り扱いルールをお知らせ。

いつも通りNOを認めてもらえる対応をお願いしますと連絡帳に書いて(行事でNOを認めるの記事→★★)送り出す。

学校では、教室に貼ってある巻物カレンダーで、今日が心のつどいであることをお知らせ。

見通しボードで1日の流れをお知らせ。

支援の先生が作った子スケで行事の流れをお知らせ。(子スケはめっちゃ大きく拡大されて、全体スケジュールとして舞台の横にドドーンと掲示してありました。「みんなにもわかりやすいから」との嬉しいお言葉!先生ありがとう!)


後は、支援の先生と息子との直接対峙です。

心のつどいは、人権学習の一環として、各学年でそれにちなんだ劇とか歌を歌うもので、1年生はシュプレヒコールと歌でした。

息子は「ともだちいいな」の「い」のプラカードを上げる役目で、練習では、気分がのらないとぐにゃぐにゃしてたみたいですが、本番では普通にやっていました。保育園時代とえらい違いです。

言葉の遅れがあり、みんなと同じように声をあげたり、歌うことはできませんが、身振り付きの歌なので、身振りで参加。

待機中は、ほんと私の描いた絵のまんま。座布団に座って膝掛にくるまって、おとなしく座っており、小休憩で先生に「お母さん来てくれてるから挨拶しておいで」と言われるまで、私の所には来ませんでした。

休憩が終わったら、スーッと自分の座布団に戻る。

保育園時代も同じように描いて伝えてきたけど、やっぱり駄目だったかと撃沈することがいっぱいありました。

それでも伝えることを諦めなければ、本人の成長に伴い、いつかわかる時がくるんだなと、コツコツ続けることの大切さを噛みしめた一日。

息子は、クラスメイトや先生方に支えられ、また一つ成功体験を積むことができたようです。


 

4コマメモは(株)おめめどうの商品です

障害ある人のいごこちのいい暮らしを応援するおめめどう

 

 

 

\ AIの活動メニュー /

◆発達凸凹子育て楽しむ学ぶ家族会「スノーキャンパス」
 ・2017年12月19日(火)定例会・学習会
 ・2018年1月16日(火)「おめめどうオンライン勉強会at橿原」

おもちゃ図書館ゆめロケット
 ・2017年12月24日(日)ゆめロケットクリスマス会(幼児・小学生

 ホームページ→http://web1.kcn.jp/yume-rocket/

 Facebookページ→https://www.facebook.com/yumerocket/

 LINE@(ボランティアや学習会の追加募集お知らせ用)→@pop3131h

 instagramhttps://www.instagram.com/snow.cp/

 

◆ゲストスピーカー・講演依頼→リンク作成中

テーマ「障害のあるなしに関わらず共に育ち合う場所作りを目指して」

 

◆アクティブカラーセラピーメニュー→http://mierucom.hatenablog.com/entry/act.menu



◆お問い合わせ→chili.snow.cp@gmail.com