mierucom

見えるコミュニケーションで自閉症の子どもと居心地よく暮らすための試行錯誤を書いています。

言語発達

物語の読み聞かせで「聞く力」「イメージ力」を育てる

主人の母が絵本の仕事をしている関係で、赤ちゃんの頃からたくさんの絵本に触れてきた息子(小2)。 絵本を通してたくさんコミュニケーションを取ってきました。主人の母のブログ→絵本あれこれ なんじゃこれ 眠る前の30分は、お布団に入って一緒に絵本を読…

間違って覚えている発音をなおす

発音が悪くて相手に伝わらない事が多い息子。 何を言っているのかわからない時は、筆談機COBOに絵を描いてもらって、それをヒントに解読します。 自信がある時はひらがなで書く時もありますが、自信満々で間違えてます。 と、言っても、本人にはそう聴こえて…

人は思考している時、頭の中でしゃべっている。ふきだしPADで思考の見える化。

言語の遅れを伴う息子が、クリスマスイブの夜、初めて『文章』で思っている事を書きました。相手は私ではなく、サンタクロース。寝る前のこと。私「サンタさんに何のプレゼントお願いするの?」息子「ゲームがほしい」息子「ゲームが好き」息子「おもちゃが…

みとおしBIGで、先に親の段取りを伝えてみた(クリスマスイブ)

今日は、おもちゃ図書館ゆめロケットの日なので、朝、クリスマスプレゼントを渡してしまうと、ややこしい事になります。 なので、みとおしBIG(@おめめどう)で、先に親の段取りを伝えました。スケを見て、「ママが書いたね。いいよ」と言った後、初めて「ゆ…

水でぬらして貼る_おふろポスター_ひらがな

水でぬらして貼る_おふろポスター・ひらがな 無印良品→https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549337643925?searchno=3 こんな感じで売っています。 価格は1000円。 シンプルなのと、文字のトーンが落ち着いているので、とても見やすく感じました。 言…

自分だけの迷路が作れる「メイズ」で遊ぼう

Mtoysアトリエ 松島洋一氏デザイン 自分で作る迷路「メイズ」 4色の板を差し込んで、自分だけのオリジナル迷路を作れます。 作ったらビー玉を転がして、ゴールまで導きます。 親指、人差し指、中指の三本で小さな板をつまみ、はめ込む手指の運動は前頭葉(思…

「水に石を落とす」こだわり行動を言語発達につなげる

言語の発達には、見て、触って、体を使うことが大切。 見て、触る事で形がわかるようになり、それが文字に繋がっていく。 例えば、その辺に転がってる小石を水に落とす行動。 発達凸凹でなくても小学生、特に男子はよくやりますよね。 先に息子に聞いてみま…