mierucom

見えるコミュニケーションで自閉症の子どもと居心地よく暮らすための試行錯誤を書いています。

クリスマスまでワクワクしながら待つこと@巻物カレンダーと1年ポスターの連動

 

保育園年中の頃、「祖父母が来る=おもちゃを買ってくれる」という、「そうするもの」になっていました。

今日はダメ!とか、そういうの、口で言っても通用しません。泣く、暴れる、自傷する。祖父母はオロオロ状態。

この状態を、巻物カレンダーと1年ポスターを使い改善した方法を、クリスマスを例にお伝えしようと思います。(あくまで我が家のケースです。ご参考程度に。)

 

◆2015年10月(保育園 年中)

f:id:mierucom:20171223135034j:image
①プレゼントをもらえるのは「誕生日とクリスマス」この2日間だけと決め、大人がそれを守るよう、親戚一同、統一します。

②1年ポスター(写真左側)の誕生日には「ろうそくを立てた丸いケーキの絵と、リボンのついた箱(プレゼントマーク)」を書き、クリスマスには「ツリーとプレゼントマーク」を書きます。

③祖父母が遊びに来る前に、1年ポスターの絵を見せ、祖父母はプレゼントを持って来ないけど、プレゼントマークのある日にもらえるよと伝えます。(バツには必ずマルを用意する!)

④どんなプレゼントが欲しいか、おもちゃ屋さんの広告から本人に選んでもらい、切り抜いてA4の紙に貼り、1年ポスターの下に貼っておきます。この時は2つの中から迷っていて、1つだけ選ぶように促すと左のおもちゃに丸をしていました。

⑤祖父母が来た時に、今までみたいにパニックになるのではなく、このA4の紙を指さして(言葉で伝えることができなかったので)、これが欲しいよとジェスチャーで伝えていました。祖父母はそれに対し、「この日にプレゼントするね」と、1年ポスターのツリーのマークを指さして伝えていました。この日以来、「祖父母=おもちゃ」はなくなりました。

⑥巻物カレンダーと1年ポスターを連動させて、毎日、終わったら消していくを繰り返します。

 
***

年中の頃はまだクリスマスとかサンタクロースの概念が無く、なんとなくプレゼントを待つ日々過ごしている様子だったので、これを機に、他の多くの子どもがそうであるように「クリスマスまでワクワクしながら待つこと」も教えてあげたいと思いました。

そこで購入した絵本がこれ。

ノンタン!サンタクロースだよ (ノンタンあそぼうよ (7))

寝かしつけの時に読んであげると、クリスマスの日まで、毎晩、何回も何回も読んでもらいたがりました。

そして、クリスマスの日。
朝起きると、枕元にある大きな袋。
息子は袋を開けるより先に、窓へダッシュ!
ガラッと窓を開け、空をぐるーっと見渡していました。

f:id:mierucom:20171223135056j:image
サンタがもういないとわかるとプレゼントの袋をあける。

サンタからのプレゼントはトミカ大好きな息子へ、ハイパーレスキューシリーズを。それはもうめちゃんこ喜んでいました。

そして、祖父母から、本人が選んだプレゼントを手渡してもらい、更に大興奮。

サンタがプレゼントを持ってやってくる。そんなワクワクを体験できたかなと思います。

そしてもう一つ。

 f:id:mierucom:20171223141109j:plain
クリスマスはいつもと違ってなんだか楽しい!そんな風に感じてもらいたかったので、偏食で特定の物しか食べれなくても、クリスマスのお皿を使ったり、シャンメリーをポン!と開けたりしました。




 ◆2016年(保育園 年長)

f:id:mierucom:20171223135122j:image
昨年と同じように、1年ポスターには誕生日とクリスマスだけを記入します。

昨年と違う事と言えば、こちらから何も言ってないのに、レゴのカタログを切り抜いてカレンダーに自分で貼っていたこと。

欲しいものが変わったら、その都度、貼り替えていました。



f:id:mierucom:20171223135124j:image
カーズトミカのメーターとレゴで悩んでいた様子。

すごい金額の違いです(笑)



f:id:mierucom:20171223135210j:image
知人から頂いたモロゾフアドベントカレンダー

巻物カレンダーの日にちとマッチングして、毎日1個出てくるお菓子をとても楽しみにしていました。今まで、巻物カレンダーの日にちの部分には興味が無く、この時に初めてじっくり数字を見ていたようです。



f:id:mierucom:20171223135156j:image

楽しみに近づいていくので、終わったら消して赤枠を次の日に動かすことも自分からするように。


クリスマスの日は、なんとインフルエンザに(泣)

f:id:mierucom:20171223142951j:plain

この時も、朝起きたら、まず窓から外を眺めていました。

祖父母からとサンタからのプレゼントで遊ぶ、寝るを繰り返し、とても大変なクリスマスでした。

 


◆2017年(小学1年生)

f:id:mierucom:20171223135544j:image
 小学1年生になり、読める字や言葉が増えてきましたが、伝え方は変わりません。

ただ、今まで1年ポスターには、誕生日とクリスマスのみ記入していましたが、夏休みと冬休みを新しく追加。

早々に祖父母へのプレゼント希望が貼ってありました(笑)

今年はサンタからニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂がプレゼントされる予定です。


まだ窓からサンタを探してくれるかな。




※巻物カレンダーは(株)おめめどうの商品です。この記事には相談支援メーリングリスト「ハルネット」で相談した内容から一部言葉を使用しています。

障害ある人のいごこちのいい暮らしを応援するおめめどう

 

 

 

\ AIの活動メニュー /

◆発達凸凹子育て楽しむ学ぶ家族会「スノーキャンパス」
 ・2018年1月16日(火)「おめめどうオンライン勉強会at橿原」
 ・2017年2月20日(火)定例会・学習会

おもちゃ図書館ゆめロケット
 ・2017年12月24日(日)ゆめロケットクリスマス会(幼児・小学生

 ホームページ→http://web1.kcn.jp/yume-rocket/

 Facebookページ→https://www.facebook.com/yumerocket/

 LINE@(ボランティアや学習会の追加募集お知らせ用)→@pop3131h

 instagramhttps://www.instagram.com/snow.cp/

 

◆ゲストスピーカー・講演依頼→リンク作成中

テーマ「障害のあるなしに関わらず共に育ち合う場所作りを目指して」

 

◆アクティブカラーセラピーメニュー→

http://mierucom.hatenablog.com/entry/act.menu



◆お問い合わせ→chili.snow.cp@gmail.com