mierucom

見えるコミュニケーションで自閉症の子どもと居心地よく暮らすための試行錯誤を書いています。

巻物カレンダーは必要?

 

息子は3歳から巻物カレンダーのある暮らしをしています。

(巻物カレンダーは(株)おめめどうの商品です)

 

 

f:id:mierucom:20180202073415j:image

幼児期は、貼っては剥がされしましたし、オール絵カード、写真カードでした。

 

成長と共に、文字も増え、本人が覚え書きとしてDVDの返却日をレシートを見ながら書いたりしています。

 

2月の巻物カレンダーを作る時、

息子にちょっと意地悪な質問をしてみました。

(意地悪な母でゴメンよー)

 

母「2月の巻物カレンダー、もういらないよね?A(息子)は曜日もわかるしね」

 

A「いる!」

 

母「なんでいるの?」

 

A「学校、終わってから誰が(迎えに)来るの?」

 

母「そうか、わからないと困るね。やっぱり作ろう」

 

A「うん!」

 

まだ一人で下校するのは難しい息子(小1)。

私の仕事の都合で下校時間には30分ほど間に合わず、週に3回、2つの放課後等デイサービスを利用しています。

 

デイを利用しない日は私や主人が迎えに行ったり、祖父母が迎えに行ったりします。

 

誰が迎えに来るかで、放課後の息子の過ごし方は随分違うため、本人にとって知りたい情報と言うのも納得です。

 

2月は土日の予定がほぼ無いこともパッと見てわかります。

 

休みの日の予定を入れるか、家でゆっくり過ごすかは、本人と相談。

 

こうして一緒に作っている時、巻物カレンダーはコミュニケーションだなって、実感してます。