mierucom

見えるコミュニケーションで自閉症の子どもと居心地よく暮らすための試行錯誤を書いています。

しゃべれるようになってきたのに、わざわざ筆談するのは何故?


小学生になって、文字が読めるようになってきたのと同時進行で言葉が増え始めた息子(小1)。

言葉が増え始めたのと比例するように、私との筆談も増えています。

しゃべれるのに、なんでわざわざ筆談するの?って思いますよね。

それは、日々の暮らしの中で困ったことに遭遇しないと理解に苦しむことだと思います。

そのほんの一例をご紹介します。
あくまで我が家の場合ですが。


最近、息子か見ているCS放送で「パディントン2」の映画CMがよく流れます。

パディントン1を録画で見て知っているので、CMか流れる度に「パディントン〜」と言って楽しそうに笑っているので、

ああ、見たいんだな

と、私が(勝手に)思うわけです。

ちょうど土日の予定が無かったので、パディントンの映画見に行こうか?と音声言語で聞くと、「行きたーい」と返ってきました。

ホームページの上映スケジュールを一緒に見ていたら、他のスクリーンで色々やっているのがわかり、一つずつ「これは何?」と聞いてきます。


翌朝
「ママ〜、映画は?」と来た。
覚えてた(笑)

 

おはなしツインを使うチャンスだったので、促すと下のようなメモがやって来ました。(おはなしメモは思春期以降、言ってくるまで待つ(親が離れる)ために、必要になってくると思うので、使えるように練習中です)

f:id:mierucom:20180203192002j:image

私からも即座にメモで返す。
f:id:mierucom:20180203194051j:image
映画館でも笑ったりして声を出していいんだけど、するか、しないかで伝えることにしました。

f:id:mierucom:20180203183836j:image
そして、えらぶメモで、昨晩、これは何?と聞いてきた選択肢を書き、選んでもらいました。

はい。スターウォーズでした(^^;

パディントン2
大して見たくもなかったみたいです(笑)

 

音声言語で聞くと「パディントン見たーい」と言うし、選択肢を音声で聞くと、一番最後の選択肢を選んだりします。一見面倒くさそうに思っても、確実性を考えると、えらぶメモは近道だと実感しています。だからわざわざ書きます。

 

本当はスターウォーズを見たかったけど、パディントン2でいいか

本人がそう思ってしまうと、出先でトラブル(不適応)が起こる確率もドドーンと上がります。

 

だから本人に聞きます。

 

きっと、これが好きだろう
きっと、ここへ行きたいだろう

 

ではなく、見える形で本当の気持ちを聞く事で、本人のモチベーションも上がり、信頼関係も築けます。

 

日々これの繰り返し。

 

筆談でなくても、パンフレットを並べて選んだり、ホームページの画像から選んだりしてもらうこともあります。

 

大切なのは筆談ができることじゃなくて、本人が本当の気持ちを伝えられること。

 

音声で聞くのと、見える形て聞いた時の答えの違いは、経験しないと信じられないかもしれないですね。

 

f:id:mierucom:20180203184908j:image

時計メモで出発時間をお知らせ。

時計はまだ読めませんが、モチベーション高い時が意識するチャンス。

 

f:id:mierucom:20180203185015j:image

よていシートで見通しを伝える。

普段はみとおしメモを使っていますが、映画のように時間が決まっている時は、時間を書き込めるよていシートが便利だなと思います。

 

「映画、何時から?」と聞いてきたので、映画は時間が決まってるんだと理解したようです。

 

スターウォーズ

2時間半

最後のエンドロールまで全部楽しみました。

 

オープニングのあの音楽が始まった時は、びっくりして一回ピョンと軽く飛びましたが、その後は、出てしまう声も凄く小さくて、ああ意識してるなと思いました。

 

イヤーマフも使わなかったですね。

あんなに大きい音なのに。

過敏を増大させるのはやっぱり不安なんだなと感じました。

 

映画館で最新の映画を楽しめる。

なんかいいですよね。

 

 

おはなしツイン等のコミュメモは(株)おめめどうの商品です

障害ある人のいごこちのいい暮らしを応援するおめめどう

 

 

 \ 私の活動いろいろ

 

◆色のある場所*ci・elon* アクティブ・カラーセラピー

https://ci-elon.jimdofree.com/

◆発達凸凹子育て 楽しむ・学ぶ スノーキャンパス・おもちゃ図書館

http://web1.kcn.jp/yume-rocket/

◆お問い合わせ先

各ホームページからLINE @に登録頂き、メッセージでお願いします。