mierucom

見えるコミュニケーションで自閉症の子どもと居心地よく暮らすための試行錯誤を書いています。

お家でできる理科の実験①

 

2歳から通っている虹色教室(大阪)でのワンツーマンレッスンのひとコマ。

 

なおみ先生が読んでくれた絵本。

 

f:id:mierucom:20180412225615j:image

ビーカーくんと放課後の理科室

著者 うえたに夫婦

出版 仮設社

 

f:id:mierucom:20180412225640j:image

ビーカーくんとそのなかまたち

著者 うえたに夫婦

出版 仮設社

 

Amazon内容紹介より引用
放課後,先生が書いた授業の計画書を見て,実験の練習を始めるビーカーくんのなかまたち。けれど,明日の実験にはビーカーくんの出番はないようで……。
まだ理科室になかま入りしたばかりで,活躍したことのないビーカーくんは,どうしても実験に参加したくてたまりません。そこで思いついたのが,実験器具のなかまたちにコツを教えてもらうこと。重さのはかり方,小さいものの見方,温度の測り方……しかし,どんなにマネをしてみてもうまくいきません。
すっかり自信をなくしたビーカーくんでしたが,なかまたちの一言によって,「自分にできること」を見つめ直すのでした。(引用終わり)

 

ツボった息子は理科の実験をしたい!と先生にお願いをしました。

 

この、自分から「やってみたい!」と思う溢れる気持ちが何より大切とのこと。

 

ほんとに、この先生の興味の幅を広げるタイミングと桁外れの洞察力は唯一無二だと思います。

 

氷、試験管、風船を使った理科の実験。

まず一つ目は、氷を使った実験です。

 

f:id:mierucom:20180412232301j:image

中に水を入れて完全に凍らせた風船を使います。

 

f:id:mierucom:20180412232316j:image

ハサミで縛り口を切り、中の氷を取り出します。

 

f:id:mierucom:20180412232122j:image

ダイナミックに塩をふりかけて3分待つ

 

f:id:mierucom:20180412232632j:image

食紅を水で薄め、スポイトでたっぷりかけます

 

f:id:mierucom:20180412232731j:image

しばらく放置しておくと、写真のような、ザラザラでシワがいっぱいの氷になります。完成。

 

もっと実験したい!と、息子ものってきました(笑)

 

次回へ続く。

 

◆なおみ先生のブログ「虹色教室通信」→https://blog.goo.ne.jp/nijiirokyouiku3

 

 

\アクティブカラーセラピーハーバリウムのイベント予約受付中/

開催日 2018年4月21日(土)奈良県橿原市

イベント告知ページ→http://mierucom.hatenablog.com/entry/2018/04/10/233901

facebookページ→https://m.facebook.com/act.ai.nara/


◆お問い合わせはお気軽に(^^)

chili.snow.cp@gmail.com

facebookメッセージ