mierucom

見えるコミュニケーションで自閉症の子どもと居心地よく暮らすための試行錯誤を書いています。

どうしてダメなの?どうしてメモで理由を見える化。

f:id:mierucom:20180501072204j:image

どうしてメモ@(株)おめめどう

 

息子(小2)は、毎週日曜日に、110円を握りしめて、近所のレンタルショップでDVDをかりるのを楽しみにしています。

 

旧作ならこの予算で借りれるのですが、準新作などは予算オーバー。

 

何度か経験しているので、旧作しか選びません。

 

ところが先日、どうしても準新作が借りたいと言いだしました。

 

握りしめている110円を手のひらに並べ、

更に110円を並べ

 

「準新作は2回分のお金がかかるから、次は一回おやすみだよ」

 

息子は「うん、わかった」とハッキリ答えましたが、この時、ペンやメモを車に置いてきてしまったので、書いて伝えることができず、話し言葉だけになってしまいました。

 

息子の特性から、話し言葉は消えてしまうので、このようなやり取りはとても危険。

 

一見、ハッピーエンドに見えても、「あの時、うんっていったじゃん!」て、子どもを問い詰めることになるのがオチです。はい、何度もしくじってます。

 

家に帰って一番にしたのは、どうしてメモに、次回一回おやすみだと書いて残すこと

 

本人と再確認して、トランジッション(巻物カレンダーなど情報が集まってる場所)に貼っておきました。

 

さて、次の日曜日。

「ゲオは?」と聞いてきたので、

無言でどうしてメモを指差す。

 

「なんで借りれないの?」(ほら来た!)

無言でどうしてメモを指差す

 

「なんでなの?」(けっこうしつこい)

無言でどうしてメモを指差す

 

「準新作を借りたから、一回お休みになっちゃった」(TT)

と、一瞬涙目になったけど、その後、ケロッとしてました。

 

本人、けっこう色々わかってます。

一回お休みということも。

でも、好きなルーティンですから

そう易々とは納得できません。

でも、自分で選んだ事ですから、

自己責任です。

 

この葛藤を、自分でおさめていく。

 

親が「あの時、約束したでしょ。そんなんだったらもう借りないから!」みたいなこと言って、本人が自分でおさめていく機会を奪わなくて済みました。

 

返却も一緒に行ったのですが、返却ボックスにはママが行ってきてとのこと。

 

店の中に入ったら借りたくなるのがわかってるんですね〜。

 

一回お休みになっちゃったけど、見たいの見れたしいっか!と、思っているのか、はたまた失敗した!と思っているのかわかりませんが、

 

次からより慎重に選ぶんでしょうね。

 

 

◆出典 (株)おめめどう http://omemedo.com/

巻物カレンダーやコミュメモは、おめめどうの登録商標です。記事には、相談支援メーリングリスト「ハルネット」やセミナーにて学んだ事を一部使わせて頂いています。まだまだ学びの途中です。

 

 

\AIの活動いろいろ/

◆スノーキャンパス・おもちゃ図書館

HP→http://web1.kcn.jp/yume-rocket/

Facebookページ→https://www.facebook.com/yumerocket/

LINE@→@pop3131h

instagramhttps://www.instagram.com/snow.cp

 

◆アクティブ・カラーセラピー(受付中)

メニュー→http://mierucom.hatenablog.com/entry/act.menu

facebookページ→https://m.facebook.com/act.ai.nara/

Instagramhttps://www.instagram.com/act_ai

 

◆お問い合わせはお気軽に(^^)

chili.snow.cp@gmail.com

facebookメッセージ

gmail.comを受信できるよう設定お願いします。