mierucom

見えるコミュニケーションで自閉症の子どもと居心地よく暮らすための試行錯誤を書いています。

大切なのは日常の小さな選択

f:id:mierucom:20180702073457j:image

息子のリクエストで

先日、映画に行きました。


スターウォーズ ハンソロ」


息子の感想は、

f:id:mierucom:20180702074248j:image

まあまあ。

私も、まあまあ。

珍しく意見が一致しました。

 

そういえば幼児期、息子に付き合って、プラレールのイベントに行ったことがあり、その時は、


息子、楽しそう

私、苦行。

だったなぁと、思い出しました。

 

私は単につまらないと言うのと、

何かトラブルがあるんじゃないか?

迷子になるんじゃないか?

等々の心労もあったから尚更。

 

でも、ノントラブルだった。

好きな事だから、約束も守るし。

 

小さい頃は、興味の幅が狭い息子に色々とさせたくて、

 

プラレールが好きだから電車を見たり乗ったりも好きだろう、とか。

絵本はこれが好きだろう、とか。

これは喜ぶだろう、とか。

 

本人に聞く事なくお膳立てをしていた私。

見向きもしなかったおもちゃもたくさん飾ってあります。

 

外出先でのトラブルは沢山あったし、今でも公共交通機関を使うのにはトラウマがある。

 

おめめどうに出会ってからは、

 

親の「きっと好きだろう」は

子の「苦行」

 

だと思うようになった。

 

もちろん、色々な体験をする事は素晴らしいと思う。

 

でも、絶対に忘れちゃダメなのが、本人に聞くと言うこと。

 

行きたい?

それとも家にいたい?

どっち?

 

そこで自分が得するように思考を巡らせ、えい!っと選ぶようになるには、小さい頃からの日常の小さな選択がほんと大切なんだなと今、実感しています。

 

うちは、

お茶と牛乳どっちのむ?

クッキーとチョコどっち食べる?

くらいの選択からスタートし、


好きな映画を選ぶ

行きたい場所を自分で選ぶ

着ていく服を自分で選ぶ

持ち物を自分で選ぶ

交通手段を自分で選ぶ

 

など様々な事を本人が選んでいます。

そして、結果も本人に受け止めてもらっています。

 

そうして子育てしてきて、

今、少しずつ、一緒に外出を楽しめるようになって来ました。

 

息子も成長したけど、

私も変わったと思う。

 

選ぶ=モチベーション

 

選ぶ権利を私が奪わないでいられる。

早くに教えてもらえて良かったです。

 

 

***

 

この日使った他のコミュメモ

f:id:mierucom:20180702143148j:image

f:id:mierucom:20180702143155j:image

f:id:mierucom:20180702143208j:image

f:id:mierucom:20180702143214j:image

イヤーマフは、「大きな音も聞きたいから」と言ってリュックに入れませんでした。

 

 

◆我が家では、(株)おめめどうのコミュメモを使って見えるコミュニケーションをしています。まだまだ学びの途中です。

おめめどう http://omemedo.com/

 

 

\AIの活動いろいろ/

◆スノーキャンパス・おもちゃ図書館

HP→http://web1.kcn.jp/yume-rocket/

Facebookページ→https://www.facebook.com/yumerocket/

LINE@→@pop3131h

instagramhttps://www.instagram.com/snow.cp

 

◆アクティブ・カラーセラピー(受付中)

メニュー→http://mierucom.hatenablog.com/entry/act.menu

facebookページ→https://m.facebook.com/act.ai.nara/

Instagramhttps://www.instagram.com/act_ai

 

◆お問い合わせはお気軽に(^^)

chili.snow.cp@gmail.com

facebookメッセージ

gmail.comを受信できるよう設定してから送信お願いします。