mierucom

見えるコミュニケーションで自閉症の子どもと居心地よく暮らすための試行錯誤を書いています。

夏休みの宿題を毎日コンスタントにやる方法

 

 

終業式の前の日に、夏休みの宿題とか提出物はこんだけありますよ、というお知らせの束を持って帰ってきますよね?

 

あれ見て、すぐわかるなんて、みんなすごいなといつも思う。私は大人になった今でも、学校から持って帰って来るプリントを解読するのに、かなり苦戦しております。

 

少なくとも私は義務教育中、特に小学生の頃は、夏休みの提出物が間に合ったことがない。

 

何を、どれだけすれば提出日に全て出せるのか。

 

あの頃の私の(切ない)気持ちを想像して、今年の夏休みも作りました。

 

宿題表

 

f:id:mierucom:20180801073936j:image

こうして表にすると一目瞭然。

100均の模造紙を使っています。

(日に焼けてヨレヨレなのは見ないで)

 

f:id:mierucom:20180801073921j:image

【2年生 夏休みの家庭学習はこれだけある】

・学校から持って帰ってきたドリル

・進研ゼミ

・九九の音読

・やくそくジャンプアップシート

・ひとこと日記

・絵日記

・作品どれか一点

 

息子の場合、一気にやってしまうのではなく、毎日コンスタントに学習することで、新学期がとてもスムーズなので、平日の日数で割っています。

 

ドリルは、こくご・さんすうそれぞれを1日1ページ、親と一緒に丁寧にやります。

 

進研ゼミは一年遅れで受講してるのですが、意外なところがわかってなかったと知ることもでき、息子にはちょうど良いです。

 

 

f:id:mierucom:20180801073943j:image

絵日記がなんなのか?音声言語で今までも説明してきたのですが、伝わらなくて(汗)。今回、絵日記のところに、ドロップスの絵で 、「たのしいとおもったことを書く」と付け足しました。

 

そしたらですね〜、なんとこれを見て、

「お父さんと新しいプールに行ったら書く」

と言ってました!

 

昨年は親が誘導していた作品の提出も、今年は絵、習字、工作、読書感想文の中から、本人にえらぶメモ(@おめめどう)で選んでもらい「絵」になりました。

 

今日から8月。

今年の夏休みもいい感じです。

 

1年生の時の宿題表はこちら→http://mierucom.hatenablog.com/entry/2018/03/30/195127

 

◆シンボルの使用 ドロップスhttp://droplet.ddo.jp/

◆コミュメモの使用 おめめどう http://omemedo.com/

  

 

 

 

 

\私の活動いろいろ/

◆色のある場所*ci・elon* アクティブ・カラーセラピー

https://ci-elon.jimdofree.com/

◆発達凸凹子育て 楽しむ・学ぶ スノーキャンパス・おもちゃ図書館

http://web1.kcn.jp/yume-rocket/

◆お問い合わせ先

各ホームページからLINE @に登録頂き、メッセージでお願いします。