mierucom

見えるコミュニケーションで自閉症の子どもと居心地よく暮らすための試行錯誤を書いています。

進研ゼミ小学講座を1学年前のコースで受講する

 

 

息子は2年生ですが、進研ゼミ小学講座の1年生コースを受講しています。

 

と、言うのも、

入学時点で発語が「ママ」などのごく限られた短い単語のみで、文字も全く読めなかった。つまりスタート時点で周りとの圧倒的な学力差があり、学校は全教科を現学級で受けるインクルーシブ教育推進校で、適時、支援の先生が横についてくれるものの、当然ですが、どんどん先に進んで行くため、家庭学習は、本人のスピードに合わせようと思ったからです。

 

生活は実年齢で接しています。

 

ベネッセを選んだのは、教材が【視覚的、メカ的】だったのと、教材以外の例えばお誕生日カードなどは、実年齢で届けてくれるから。(コールセンターで事情を言えば配慮してもらえます)

 

入学後、保育所では部屋の中にいる事も困難な事が多かった息子ですが、静かな学級、理解者、合理的配慮、1年生になっという自覚、など様々な要因と、学校の【チャイムが合図】というシステムがハマったらしく、こくご・さんすうの授業で、様々な概念【文字・数】を獲得しました。

 

1年生の時は、こどもちゃれんじ時代のワークを春・夏・冬の長期休みにやっていました。

 

この頃はまだ文字は一語ずつしか読めなかったので、問題を読みながら同時にその意味を文として理解する事ができず、親が読み上げて、それを聞いてシールを貼ったりしながら、数や文字に触れていました。読めるけど書くのには自信がないものも多く、シールがちょうど良かったです。

 

そして、2年生になり、漢字、筆算なども時々補助は必要ですが、それなりにこなしています。漢字を知ってから、こくごの音読を、一語ずつから名詞・形容詞など、まとまりとして読めるように。

 

成長に合わせて、2年生の夏休みからは、こどもちゃれんじではなく、進研ゼミ小学講座の1年生のワークを取り入れました。

 

受講方法は、タブレットもあるのですが、画面にペンで文字を書き込む時の精度や、気が散る等々理由があり、あえて紙媒体。(あくまで我が家の場合です)

 

「読んで」とか「書いて」など苦手意識がありますが、1年生のワークは問題文も短く、答えを書く補助もあるので、自分のペースで落ち着いて向き合えば、自分で解ける!というモチベーションも高いようです。

 

f:id:mierucom:20180805071104j:image

 

チャレンジスタートナビ

https://sho.benesse.co.jp/new1/tokuten/navi/

を使うと、ヒントをもらえたり、問題文を読み上げてくれたり、課題をクリアするとナビの中に学習ゲームが追加されるのでモチベーションUP!

 

このナビがとても優秀で、間違っている発音をなおす時にも使っています→http://mierucom.hatenablog.com/entry/2018/04/29/184547

 

学校から持ち帰る毎日の宿題は、ヘトヘトで帰ってきて更に、長い問題文を読むのもハードルが高く、非常に時間のかかる「嫌なもの」として認識されています(毎日続ける事で出来るようになること(特に音読)も多いですが)。

 

なので、我が家では、時間と体力に余裕のある長期休みの家庭学習に、復習として【一年遅れのワーク】を取り入れています。

 

文字の形をおさらいしたり、意外なところがわかっていなかったと知る事もできますよ。

 

ああ、なんか

ベネッセの回し者みたいだな。

 

 

この記事は、

①夏休みの宿題をコンスタントにする方法→http://mierucom.hatenablog.com/entry/2018/08/02/074708

 

②あまりしつこく聞くと、何を聞かれているかわからなくなる

http://mierucom.hatenablog.com/entry/2018/08/04/003033

の続きです。

 

\aiの活動いろいろ/

※アクティブ・カラーセラピー「優先順位コース」モニター募集中

今までaiのモニターを受けたこと無い方が対象です。先着5名のみ半額の1500円で受けて頂けます(残り3名)。ご希望の方は記事一番下のお問い合わせ先へご連絡下さい。日時や場所はお申込み頂いてからの調整となります。

モニターの方のセッションは、お名前を伏せてブログの記事にし、Facebookページでシェアさせて頂くことを予めご了承ください

 

※2018年8月26日(日)なんとカンファレンス(畿央大学奈良県)にてアクティブ・カラーセラピー出店予定

 

◆アクティブ・カラーセラピー(予約受付中)

メニュー→http://mierucom.hatenablog.com/entry/act.menu

facebookページ→https://m.facebook.com/act.ai.nara/

Instagramhttps://www.instagram.com/act_ai

 

 

◆スノーキャンパス・おもちゃ図書館

HP→http://web1.kcn.jp/yume-rocket/

Facebookページ→https://www.facebook.com/yumerocket/

LINE@→@pop3131h

instagramhttps://www.instagram.com/snow.cp

 

◆お問い合わせはお気軽に(^^)

chili.snow.cp@gmail.com

facebookメッセージ

gmail.comを受信できるよう設定お願いします。