mierucom

見えるコミュニケーションで自閉症の子どもと居心地よく暮らすための試行錯誤を書いています。

物語の読み聞かせで「聞く力」「イメージ力」を育てる

 

 

 

主人の母が絵本の仕事をしている関係で、赤ちゃんの頃からたくさんの絵本に触れてきた息子(小2)。

 

絵本を通してたくさんコミュニケーションを取ってきました。主人の母のブログ→絵本あれこれ なんじゃこれ

 

眠る前の30分は、お布団に入って一緒に絵本を読むことが習慣になっており、最近は、絵本より、かいけつゾロリや、ほねほねザウルスを読んで貰いたがるように。

 

学校の図書や、市の図書館で借りたり、帰省時に買ってもらったりして、おそらくもう全巻読んだと思います。

 

満足したようだったので、以前から読んであげたかった「ドリトル先生物語」を図書館で借りてきました。

 

f:id:mierucom:20180812160344j:image

ドリトル先生物語 こども世界名作童話38/ポプラ社

 

f:id:mierucom:20180812161525j:image

ドリトル先生シリーズはたくさんあるのですが、この本は、挿絵がカラーで、とても柔らかいです。

 

ほとんど文で、挿絵がところどころにある程度の本は、「聞く力」が弱いために、なかなか読んであげれずにいたんです。

 

タイミングをずっと探ってました。

 

最近、指示だけでなく、冗談やテレビ番組なんかも聞き取れるようになって来たので、そろそろいいかもと思った次第です。

 

挿絵をじっと見た後、特に興味は無さそうだったのですが、ゆっくり読んであげ、途中で止まってみたら、「読んで」と言うので、どうやら聞いてるみたい。

 

頭の中で、挿絵の動物たちがドリトル先生とおしゃべりしてるかな?

 

テレビもYouTubeも見ますが、用意された映像ではなく、物語を読んであげることで、

「脳の聞く力」

「頭の中で言葉が映像化される」

を、育てられたらいいなと思います。

 

何より、読んでいる私もとてもほっこりするし、そこから生まれるコミュニケーションが、お互いにかけがえのない時間になっているのを感じています。

 

 

 

\aiの活動いろいろ/

※アクティブ・カラーセラピー「優先順位コース」モニター募集中

今までaiのモニターを受けたこと無い方が対象です。先着5名のみ半額の1500円で受けて頂けます(残り3名)。ご希望の方は記事一番下のお問い合わせ先へご連絡下さい。日時や場所はお申込み頂いてからの調整となります。

モニターの方のセッションは、お名前を伏せてブログの記事にし、Facebookページでシェアさせて頂くことを予めご了承ください。

 

※2018年8月26日(日)なんとカンファレンス(畿央大学奈良県)にてアクティブ・カラーセラピー出店予定

 

◆アクティブ・カラーセラピー(予約受付中)

メニュー→http://mierucom.hatenablog.com/entry/act.menu

facebookページ→https://m.facebook.com/act.ai.nara/

Instagramhttps://www.instagram.com/act_ai

 

 

◆スノーキャンパス・おもちゃ図書館

HP→http://web1.kcn.jp/yume-rocket/

Facebookページ→https://www.facebook.com/yumerocket/

LINE@→@pop3131h

instagramhttps://www.instagram.com/snow.cp

 

◆お問い合わせはお気軽に(^^)

chili.snow.cp@gmail.com

facebookメッセージ

gmail.comを受信できるよう設定お願いします。