mierucom

見えるコミュニケーションで自閉症の子どもと居心地よく暮らすための試行錯誤を書いています。

音符が読めない私でも弾ける ピアノえほん

 

 

f:id:mierucom:20180904195109j:image

だれでもひけるピアノえほん―こぶたぬきつねこ(ポプラ社/絵:佐々木 洋子氏)

 

 

f:id:mierucom:20180904234435j:image

以前からピアノに興味を示している息子(小2)が、放デイで見つけて、スラスラ〜と全部一人で弾けたと言うので、ネットで中古本を購入。

 

 

f:id:mierucom:20180904234458j:image

この絵本は、音符が読めない私や主人でも簡単に弾けました。

 

現在、中古を探すしかないので、欲しい方はプレミア価格になる前にポチった方がいいかもです。

 

※2018/9/10追記

専門家の方から、ブログ記事を読んでアドバイスを頂きました。

 

一時的に使うものとしてはOKだと思います。ただ、「ドレミの表示がないと演奏できない」というこだわりを作る前に手放す方がいいです。

 

件の本を使ってお父さんやお母さんでも見ながら弾ける、というのは、視覚情報だけで演奏が可能だからです。音楽的トレーニングをしていない親御さんも、子どもと一緒に楽しめるツールとして、とても良い物だと私は捉えています。

是非、参考にしてください^^

 

 

\私の活動いろいろ/

◆色のある場所*ci・elon* アクティブ・カラーセラピー

https://ci-elon.jimdofree.com/

◆発達凸凹子育て 楽しむ・学ぶ スノーキャンパス・おもちゃ図書館

http://web1.kcn.jp/yume-rocket/

◆お問い合わせ先

各ホームページからLINE @に登録頂き、メッセージでお願いします。