mierucom

見えるコミュニケーションで自閉症の子どもと居心地よく暮らすための試行錯誤を書いています。

自閉症スペクトラムの息子と北海道〜仲間はずれにしない旅⑧〜

 

北海道3日目(2018/8/29/水)の旅行ノート。

f:id:mierucom:20181109150551j:image

f:id:mierucom:20181119143552j:image

メインイベントは阿寒湖の天空ガーデンスパ!

 

 

f:id:mierucom:20181119143808j:image

いざ、ホテルモアンを出発です。

 

 

f:id:mierucom:20181119144206j:image

見よ!このシャケのおにぎりを!朝ごはんは、ホテル横のセイコーマート。手作りのお弁当やおにぎりが熱々で販売されてます。朝から特大サイズをペロリ。

 

 

f:id:mierucom:20181119144541j:image

旦那さんが一度走ってみたかったという野付半島の道(私はもうバイクで走ってるし〜)。半島自体がすごく細いので、先端までは道の右左が海とラムサール条約登録の湿地というロケーション。

 

ラムサール条約(ラムサールじょうやく、英:Ramsar Convention)は、湿地の保存に関する国際条約。水鳥を食物連鎖の頂点とする湿地の生態系を守る目的で、1971年2月2日に制定され[条約 1]、1975年12月21日に発効した。1980年以降、定期的に締約国会議が開催されている。ウィキペディアより。

 

f:id:mierucom:20181119150123j:image

野付半島ネイチャーセンター | 北海道遺産・ラムサール条約登録湿地

水鳥の落としていった羽を触れたり、双眼鏡で水鳥を探したりできます。渡り鳥の飛来シーズンには約6万羽の水鳥が見られます。浅瀬でゴマフアザラシが見えることもあるとか。とは言え、この日は鳥も人もすれ違う車も全くいなかったけど。

 

 

f:id:mierucom:20181122074837j:image

標津サーモン科学館 - 知床しべつ・日本一のサケの水族館 -

鮭ごはんが大好きな息子に、泳ぐ鮭を見せたら喜ぶんじゃないか?!と言う両親の思いは空振り、ドクターフィッシュが一番盛り上がるという(汗)。

 

 

f:id:mierucom:20190104180145j:image

水族館の横のレストランにて、いくら丼!私はこれさえ食べたらもう帰ってもいい(笑)

 

 

f:id:mierucom:20190105074040j:image

「地球が丸く見える」のが売りの開陽台ですが。。。

 

 

f:id:mierucom:20190105074343j:image

残念ながら霧。目を凝らすと斜面に放牧された牛がチラホラ見える。

 

牛と言えば、次の目的地の道中にあるモアン山の斜面に、「牛」の文字が見えるとのこと。

濃い霧の中、目を凝らして3人で探して、「これかな?」と言ってるうちに通り過ぎたのがこれ。

f:id:mierucom:20190105114504j:image

よーく見て。

え?わからない?

「モアン山」で画像検索したらヒントが出てきます(笑)

 

 

f:id:mierucom:20190105114957j:image

未舗装の道に入り、辿り着いたのは「神の子池」。摩周湖の伏流水が湧き出ており、コバルトブルーがとても神秘的です。まさに絶景!

 

 

f:id:mierucom:20190105115550j:image

北海道にしか生息しない天然記念物のオショロコマ(サケ科 別名カラフトマス)も悠々と泳いでいます。

 

 

車でしばらく移動し、さくらの滝へ。

f:id:mierucom:20190105125752j:image

ここでは、サクラマスの滝登りを見ることができました。しばらく応援したけど、一匹も滝を越えられない。。。旦那さんが人生について語りそうになって来たので阿寒湖に向けて出発。

 

 

f:id:mierucom:20190105121138j:image

少し牧場でまったり。

 


f:id:mierucom:20190105121135j:image

阿寒湖に到着。阿寒観光汽船の最終便に間に合いました。

 

 

f:id:mierucom:20190105121819j:image

寒すぎてポンチョを着る。こんな大きな船なのに、乗船しているのは私たちを含めて4組。

 

チュウルイ島のマリモ観察センター。

f:id:mierucom:20190105122418j:image

マリモはどーれだ。

 

f:id:mierucom:20190105142437j:image

乗り場とは違う降り場で下船。宿に戻るまでの予定は、みとおしメモ(@おめめどう)に書いて渡しておきました。早くガーデンスパに行きたい息子は、お土産を選ぶ私に「これは?これは?」と見せてプレッシャーをかけてくる(笑)

 

 

f:id:mierucom:20190105123324j:image

アイヌコタン。私は19の時にここで買った木彫りアクセサリーを、バイクツーリングに行く時の「安全のおまじない」として身につけています。お店はほとんど変わらないのに、観光客はほぼいなくて、寂しい感じがしました。

 

 

暗くなって来たので、本日のお宿「ホテルニュー阿寒」へチェックイン。異国語が飛び交うババ混みのビュッフェで夕食を済ませ、いざ!天空のガーデンスパへ!

f:id:mierucom:20190105131421j:image

(写真 ホテルニュー阿寒facebookより)

内湯の脱衣所で水着に着替えてから階段を上がり、屋上で旦那さんや息子と合流。阿寒湖側の水面を水平線と平行にし、側壁の縁から水を流すことで、まるで阿寒湖とスパが一体になったかのように見えます。

 

息子は水中プロジェクションマッピングを見たり、水中メガネをして潜ったりして大喜びでした。

 

このホテル、めちゃくちゃ広いので、部屋に戻る時に一度だけ息子を見失ったけど、ヒトココを持っていたので、すぐみつけられました。タバコを吸いに行った旦那さんを探しに行ってたとのこと。

 

たくさん見て、食べて、遊んだので、夜はみんなぐっすりでした〜

 

 

最終日へ続く

 

自閉症スペクトラムの息子と北海道〜仲間はずれにしない旅①〜

自閉症スペクトラムの息子と北海道〜仲間はずれにしない旅②〜

自閉症スペクトラムの息子と北海道〜仲間はずれにしない旅③〜

自閉症スペクトラムの息子と北海道〜仲間はずれにしない旅④〜

自閉症スペクトラムの息子と北海道〜仲間はずれにしない旅⑤〜

自閉症スペクトラムの息子と北海道〜仲間はずれにしない旅⑥〜

自閉症スペクトラムの息子と北海道〜仲間はずれにしない旅⑦〜

自閉症スペクトラムの息子と北海道〜仲間はずれにしない旅⑧~

自閉症スペクトラムの息子と北海道〜仲間はずれにしない旅⑨〜

 

 

 

\aiの活動いろいろ/

◆色のある場所*ci・elon* アクティブ・カラーセラピー

https://ci-elon.jimdofree.com/

◆発達凸凹子育て 楽しむ・学ぶ スノーキャンパス・おもちゃ図書館

http://web1.kcn.jp/yume-rocket/

◆お問い合わせ先

chili.snow.cp@gmail.com

もしくは各LINE @のメッセージでお願いします。