mierucom

見えるコミュニケーションで自閉症の子どもと居心地よく暮らすための試行錯誤を書いています。

子どもぐらいにはなれないけど近づきたい。子育てコース(アクティブ・カラーセラピー)

 

アクティブ・カラーセラピー

子育てコースを受けてみて

(ご本人の許可を得て記事にさせて頂いております)

 

 

発達障害のお子さんときょうだい児の子育て中というクライアントの☆さん。

 

紆余曲折ありながらも最近は「明るい、前向き」というよりは、「平穏に、穏やかに過ごせているな」と感じておられるとのこと。

 

そんな☆さんにとっての理想の生活とは、平穏ではあるけれど時々落ち込むこともあるので、明るく過ごすこと。

 

そのためには、しんどい事があっても前向き、元気に乗り越えることが必要と思っておられます。

 

そうは言っても、子育てをしていると、どうしても後ろ向きな事が勝ってしまうことがあります。

 

そんな時は、無理せず自分自身に対する癒しを大事にする事でモチベーションを保ち、理想の生活を維持して行きたいそうです。

 

色の力を借りて、理想の生活を言葉にできた☆さん。

 

ここからは、理想の生活の妨げとなっているのは何なのか?を探って行きます。

 

☆さんは、お子さんに対する周りからの視線や言動を気にするあまり、自分を追い込んでいると気付かれました。

 

周りに対する恐怖、将来の不安もあり、明るい感じで過ごしたいという、理想の生活を妨げているとのこと。

 

では、どうしたらいいのでしょう?

 

自分自身の中にある「本当はこうしたいと思っている」を、言葉にして頂きました。

 

☆さんは、相談や支援に頼ったり、同じようなお母さんと繋がることで、パワーをもらいたいと言葉にされました。

 

最後に☆さんが選んだ「白」を見て仰ったことは、

 

余計な感情とか、ひねくれちゃったりすると、親としての信念もブレてしまう。

 

子ども自身は純粋で素直。

 

親も同じ気持でいられたら、きっと上手く行きやすいと思う。

 

子ども自身は反抗期でも素直。

 

子どもぐらいにはなれないけど、近づきたいと思いました。

 

と、気持ちを整理されました。

 

f:id:mierucom:20190515074701j:image

最後に自由に書いて持ち帰って頂くカード。

 

アクティブカラーセラピーを受けてみて、どのように感じたかお聞きすると、

 

カウンセリングや相談をすると、その人個人の考え方に左右されやすいが、自分の考えだから全然違う。

 

受ける前は落ち着いていると思っていたけど、自分の言葉で自分の気持ちを知れて、聞けて、考え直す事ができました。

 

との事でした。

 

 

アクティブ・カラーセラピーの子育てコースは、セラピストの中でも私だけかできる特別なコースです。

 

色に意味を持たせず

セラピスト個人の考え方に左右されず

自分自身がどう思っているかの整理ができます

 

 

 

*アクティブ・カラーセラピー次回出展予定

■日時 2019年5月16日(木)

14時〜16時

・場所 しろパンサンドのカフェ メリメロ(奈良県生駒市近鉄生駒線南生駒駅から徒歩3分。

カフェdeセラピー

 

■日時 2019年5月18日(土)

10時〜16時

・場所 グッドモーニング坊城(奈良県橿原市

アジアンフェス ワクワク繋がるマーケット出店

 

■日時 2019年6月16日(日)

9時30分〜13時

・場所 今井まち屋館別館 今井町街並み保存地区(奈良県橿原市今井町

町屋deセラピー

1日駐車券サービスあり

 

■日時 2019年9月1日(日)

・場所 畿央大学 奈良県香芝市

なんとカンファレンスにて出店&ワークショップ

 

■他、ご希望の日がありましたらお問合せください。

 

■ご予約はLINE@からお願い致します

"色のある場所*ci・elon*"のLINE@は下記のリンクから友だち追加してみてください。

https://line.me/R/ti/p/%40yrn7183p

 

*色のある場所ci.elonのホームページ

https://ci-elon.jimdofree.com/