mierucom

見えるコミュニケーションで自閉症の子どもと居心地よく暮らすための試行錯誤を書いています。

ザワザワ3月。ドキドキ4月。

 

春は異動の季節ですね。

息子が産まれるまでは、「年度」なんて全く気にすることなく過ごしていました。

 

思いがけず、大学病院の主治医から「異動」すると告げられました。

 

***

3月末で東京に異動になります

3年間

もう3年ですね

慎重にやってきましたからね

次の先生は、ある程度慣れた先生に引き継いどきますね

大丈夫とは言えないけど

慎重にね

***


余計なことは一切言わないクールなお医者さんで、毎月の受診も主治医の列だけ番号がどんどん進み、速攻呼ばれる。大学病院なのに予約時間にきっちり呼ばれサクッと終わる。

 

スーパースピーディーかつ慎重なお医者さんでした。

 

そうか、医大付属だし異動もあるんだな、なんて。診察室を出て、いつものように採血に向かいながら思う。

 

相変わらず名残惜しむ時間も無く、T医師らしく最後まであっさり。

 

でも、こうしてお礼を言えただけまだ良かったと思う。

 

当たり前にいると思っていた人が異動でいなくなる。

 

学校の先生然り
役所の職員然り

 

ありがとうをゆっくり言う暇もなくさようならだ。

 

私にとって一年は、「1月から12月」という括りだったのが、息子が生まれて、こども園や学校に通うようになると、「4月から翌年の3月」という年度括りに変わりました。

 

そして、3月は「異動」が気になって、なんとなく憂鬱になります。

 

自閉スペクトラム症の息子(小2)を真ん中にして築いて来た、教師との関係や支援もまたリスタート。プラスからのスタートになるか、マイナスからのスタートになるか、まるでわからないから憂鬱なのだ。

 

3月は息子もザワザワ。
母もザワザワ。

4月は息子もドキドキ。

母もドキドキ。

 

そろそろサポートブックを回収して、更新作業に入らないとね。

 

何だかんだ言っても、やることやるだけです。

 

 


\私の活動いろいろ/

◆色のある場所*ci・elon* アクティブ・カラーセラピー

https://ci-elon.jimdofree.com/

◆発達凸凹子育て 楽しむ・学ぶ スノーキャンパス・おもちゃ図書館

http://web1.kcn.jp/yume-rocket/

◆お問い合わせ先

各ホームページからLINE @に登録頂き、メッセージでお願いします。