mierucom

見えるコミュニケーションで自閉症の子どもと居心地よく暮らすための試行錯誤を書いています。

うんうん、私もそう思う

 

 

会話に間の手(あいのて)を入れることは、コミュニケーションの重要事項である。

 

先日、神戸で【shunさんが語る2】に参加して、ググッと来た事の1つがこれでした。

 

事故で重い障害をおった意識のない(と思われていた)女性。話しかけると指先が少し動いたので、その指先にスイッチを付けた。それを押すと「うんうん、わたしもそう思う」という妹さんが録音した音声が流れるようにしたとのこと。

 

講演の内容を詳しくは書けませんが、結局、その女性は周りの会話も聞こえていて、「頑張って」という言葉をよく使うお母さんに対し、「あんまり頑張れって言わんであげて」と言ったshunさんの言葉の後に、スイッチを押したそうです。

 


「うんうん、わたしもそう思う」と。

 


お母さんは泣いていたそうです。


なんでこんなことが思いつけるんだろう。shunさんが話すと、みんなが思うこと。そして、自分の置かれた立場や状況に当てはめて、申し訳なさがじわじわと襲ってくる。じわっと涙が出てくる。


人との関わりをあきらめない


本当にすごい方だと思うし、出会えた事に意味を持てる人間になりたいと思う。思うのは自由だ。


何回も何回も聞いて、噛んで飲み込んでまた噛んで。反芻することで少しずつ栄養になって行く。そんな感じがしています。

 

読んで頂きありがとうございました。

see you

 

 


\私の活動いろいろ/

◆色のある場所*ci・elon* アクティブ・カラーセラピー

https://ci-elon.jimdofree.com/

◆発達凸凹子育て 楽しむ・学ぶ スノーキャンパス・おもちゃ図書館

http://web1.kcn.jp/yume-rocket/

◆お問い合わせ先

各ホームページからLINE @に登録頂き、メッセージでお願いします。