mierucom

見えるコミュニケーションで自閉症の子どもと居心地よく暮らすための試行錯誤を書いています。

6月24日(日)みんなでわいわい ゆめロケットひろばinしらかし開催します!

 

まずイベント告知させてください!

(記事の一番下にイベントボランティア募集があります)

f:id:mierucom:20180617163350j:image

みんんでわいわい ゆめロケットひろばinしらかし

2018年6月24日(日)13時から16時


◆場所 白橿会館(白橿地区公民館)橿原市白橿町2-32-11(Aコープ白橿店裏)

白橿会館前の専用駐車場をご使用ください。


◆参加対象 おとなも子どもも、ハンデがあっても無くても、どなたでもお気軽に、少しの時間でも遊びに来てください。


◆申込不要・出入自由


◆スケジュール
13時 会場オープン

(えほんのひろばブース、おもちゃブースを行ったり来たり、楽しみ方は自由)

15時45分 みんなで片付け開始

15時55分 8メートルの大型パラバルーンで遊ぶ(1曲分5分程度)

16時 会場クローズ

 

 

2015年に第一回を開催したこのイベント。

今年で4回目を迎えます。

もともと、自分たちの子どもが大きな会場で周りを気にせず、理解者に囲まれながら、親子で心フルオープンで遊びたい!というのが始まりでした。

 

第一回を開催した時、息子は保育所の年中さん。

当時は無発語でしたし、どんなに気にしなくていいからと言われても、赤ちゃんにまで言葉の発達を追い越されるという現実を目の当たりにするのは相当なストレスでした。

 

周りがこぞって連れて行くような子供向けイベントに連れて行っても、無関心の上、大きな音にパニックになったり、スーパー多動児だったので、あっちむいてこっち向いたらもういない、、、。

 

いつしか「行かない」選択をするようになっていました。だって、しんどいんですもん。身も心も。

 

そんな時に、療育先で知り合ったお母さんたちとスノーキャンパスを立ち上げ、最初は自分たちの子どもだけで、おもちゃ図書館をスタートし、絵本のお仕事をしていた姑さま&お仲間と共に実費でこのイベントを開催しました。障がいのある子もない子もごちゃ混ぜですが、子どもたちだけでなく、お母さんたちのリラックスした姿に、このイベントをする意義があるのだと感じ、

 

2回目以降は、子どもゆめ基金橿原市市民活動公募事業助成金近畿ろうきんNPOアワードはぐくみ賞の賞金などなどを会場費や絵本、おもちゃの購入費、広告費にあてて開催し続け、今年は橿原市子育て支援課の子育て支援事業として一部費用を助成頂き、開催に漕ぎつけました。

 

息子はもう小学二年生。

そろそろ飽きて来るころかな?と毎年思うのですが、なんだか楽しそうです。

 

スノーキャンパスのメンバーの子どもたちも、それぞれなんだかの特性があり、子どもたちの過ごしやすい環境を考えたら、自然と「えほんのひろば」と「おもちゃのひろば」を行ったり来たりして過ごすスタイルになりました。そして、出入り口を一か所に限定し、そこに受付を置くことで、会場内で子どもを見失っても、受付で誰か見ていてくれるので、後を追いかける必要もなく、見守りのおとながそこかしこにいるので、安心して子供を、言い方悪いけど「放置」できました。

 

母親が目を三角にしてついて回ると、子どもは緊張します。緊張は不安や過敏を増大させ、遊びどころじゃなくなっちゃうことも。

 

おもちゃの取り合いとかは成長過程!お互い様の気持ちをみんなが持って、みんなで子どもたちを見守りましょう。

 

※ゆめロケットひろばをより楽しむためのヒント

・目を三角にして子どもの後を追いかけない

・絵本は子どもに読ませたいものを親が選ぶのではなく、

 子どもが読みたいものを自分で選ぶ。

 

主催はスノーキャンパスですが、会場内にはこのイベントのためにボランティアで入ってくださっている支援者さんがたくさんおられます。ちょっと恥ずかしいなと思っても、ぜひお帰りの際にはボランティアのみなさんに感想を伝えて下さると励みになると思いますのでよろしくお願いします。

 

 

f:id:mierucom:20180617163308j:image

 

f:id:mierucom:20180617163315j:image

 

f:id:mierucom:20180617163321j:image

 

f:id:mierucom:20180617163343j:image

 

 

 

f:id:mierucom:20180617163404j:image

 最後まで読んでいただきありがとうございます。

じつは、おもちゃブースに入って頂くはずだった見守りボランティアさんがお仕事の都合で3名来れなくなりました。

もし、もし、手伝ってもいいよって方がいらしたら、メールをください。

スタッフは10時に会場集合、17時解散です。交通費や昼食代など全て実費となります。ボランティア行事保険はこちらで加入致します。

 

向いている人→子どもが好きで怒らない人&親御さんの話をうんうんと聴ける人

向いてない人→声が大きい人&自分のことばかり話す人

メール kashiharayume2017@yahoo.co.jp(担当:上村) 

 

お待ちしてます!!

 

 スノーキャンパスHP→web1.kcn.jp/yume-rocket/